PCオーダーしました

メインのデスクトップ(iMac)が古くなったので、リプレースします。
iMacにしようかなと迷いましたが、結局PCにしました。
NS Basic/App Studioを大きい画面で使いたいというのも大きな理由です。
Macが全く無くなってしまうと寂しいですが、Mac Book Proがあるんで良しとします。
当初、DellかHPで検討していましたが、マウスコンピュータで私の欲しい感じのものが割安だったんで、決めました。
昔は自作していましたが、これは「安く上がる」という理由だけで、マウスコンピューターの方が自作より安く買えるのに気づいて一度購入したことがあります。
その時は低スペック、低価格品を選びましたが、今回はなかなかハイスペックなものを選びました。

OS Windows® 7 Home Premium 64ビット
CPU インテルCore i7-2700K
チップセット インテルZ68 Express
ビデオ NVIDA GeForce Gtx550i メモリ1GB
SSD インテル製80GB(OS)
HDD 1TB Serial 3
光学ドライブ ブルーレイR/W
メモリ 16GB
700W電源

これにiiyamaのPLX2775HDS-B1 27型ディスプレイを追加して、手持ちのEIZO FlexScan L465でツインディスプレイにする予定です。
64ビットOSですが、ThinkPad X121eで使っていて特に不都合を感じていませんし、32ビットのリカバリーディスクも付属するとのことです。
OSはSSDにインストールされますが、余った分はキャッシュに割り当てるか、常用アプリをインストールするか考え中です。
動作は遅いのですが、以前に買ったSSDで使っていないものがあるので、これも組み込もうかと思っています。
元の構成にオプションで追加したのはブルーレイ光学ドライブSSD、HD増設、メモリ増設、700W電源となります。
これで、iiyamaのディスプレイを含めた値段で15万弱ですからパソコンも安くなったものです。

レンタルサーバー借りてみました

クラネットは最初自宅サーバーで真面目にやってたんですが、はてなを始めてからはほとんど更新することなくなっちゃったんで、ドメイン管理会社の無料サーバーに間借りしてました。
5MBという今時とほほな容量でしたが、まぁ、足りていましたし、無料なんで文句は言えません。
NS Basic/App Studioの購入を機に50GBのサーバーを借りて、そちらに移転しました。
ちょっとしたファイル置き場にもなるし、安いところなんでそれほど負担はありません。
ぽちぽちとWebアプリを作って、ここに置いておこうと思います。

ATOKで英語キーボードを使う

Microsoft サポートに解決策が出てました。
これで目出度くAtokでもキーボードの刻印と入力が一致するようになりました。
MS-IMEは大丈夫なのにAtokがだめというのはよく分かりませんが。
話は変わりますが、NS Basic/App Studioを購入しました。
以前のように他のNS Basicのライセンスを持っている場合の割引というのは無いようなので、PayPalでBuy it Now!です。
メールでシリアルナンバーを送ってくるのだと思いますが、今のところ来ておりません。
バイトで使う簡単なツールが出来たので、今日からテスト運用してみます。
アイコンの変更は出来たんですが、SplashScreenの変更が上手くいってません。
かといってNS Basicのスプラッシュが表示されるわけでは無く、全くの白紙状態です(笑)
弄っていればそのうちなんとかなるでしょう。
あと、ハンドブックを買うかどうか迷っています。
PDFで付属してくるやつを印刷したものと思われますが、あると便利なのはまちがいありません。
ただ、kindleを持っているのを思い出して、kindleに入れればいいかとも思っています。
PDFのハンドブックをそうやって使っても怒られないと思います。
あと、NS Basic/CEの日本語ハンドブックを参照しても結構使えます。
vbOKとかvbRedなんて定数はそのまま通ります。
Demo版のトライアル期間はまだ20日以上残っていましたが、思ったより私でも使えそうなんで。

へぇ〜、そうなんだ

バイトで使おうと思い、NS Basic/App Studioで作り始めたツールが形になってきました。
色々と初めての経験があり、面白いです。
端末でユーザデータは保存できるのだろうか?などと思っていましたが、ごく簡単に出来たりして拍子抜けです。
データ型は配列もOKということなので、2次元配列で試してみましたが、保存、読込ともすごく簡単です。
いやぁ、面白いな、これ。
ところで、PalmやCEには日本語版のマニュアルありましたけど、こちらは英語オンリーなんでしょうね?
IDEも英語オンリーですもんね。
今日もこれからバイトですけど、明日はお休みで特に出かける予定もありませんから、じっくり取り組めると思います。

NS Basic/App Studioについて 2

amiさんが、昨日に引き続き2.作られるのは何か?を公開された。
BASICを使って簡単にiOSAndroidアプリを作れるというNS Basic/App Studioを使ってみたいんだが、なんだかよく分からんので手が出せなかったけど、この説明でなんとなく概要だけでも分かったような気がする。

NS Basic/Palmでやっていたような事が大抵出来る事と、表示する文字は、styleプロパティに次のようなCSS的書式を与えれば、そのサイズや色 で表示してくれるので、基本的にフォントの大小しかなかったPalmより、多彩な表現が可能な点は扱いやすいです。

とのことなんで私には必要十分である。
アルバイトでエクセルのようなアプリをiPhoneAndroidで使っている。
エクセルではないので、iPhoneAndroidで操作、外観などは違ってしまうのだけど、NS Basic/App Studioを使えば同じものが使えるようになる。
単純な計算をやっているだけだから、簡単に作れそうだ。
ちょっと、やってみようかな?

ATOK Passportを購入しました

ATOK一太郎以来、Mac OS Xの初期の頃まで使っていましたが、ことえりやMSの日本語IMEが大分良くなったんで、けちって使うのを止めていました。
ATOK Passportというサービスが始まったのを知って、使ってみることに。
月額300円でAndroidMacWindows用のATOKが最大10台まで使用可能とのことで、私は常用しているだけで、3台はありますのでお得感があります。
使用については同時に使用できないとかの制限がありますが、ネットワークに接続することでチェックしているようです。
無償試用版から有効化するわけですが、Windows版は無償試用版にシリアルナンバーとオンライン登録キーを入力するだけですが、MacAndroidはちょっと面倒でした。
AndroidはMarketより「ATOK for Android Passport版」をダウンロードし、シリアルナンバーを入力します。
無償試用版はアンインストールされませんでしたので、自分でアンインストールしました。
Mac版は移行用ツールがありますので、それをダウンロードし、実行すると有効化されます。
久々に使ってみての感想ですが、OS純正のIMEがかなり良くなっているので、それほど変換効率が良い感じはしませんでした。
ただ、いろいろと便利な機能が追加されているようなので、そういったものを使いこなせる方にはすごく役に立ちそうです。
私のようにちょろっと入力しては変換というような使い方ではあまり変わらないかもしれません。
ただ、全てのOSでATOKを使うので、その分いろいろとやりやすいです。
後はLinux版とかiPhone版とかも加えていただければありがたいのですが。

テレビを見ながら

Unix系OSで動作するbwBASICというインタプリタがあります。
X40のようなノートパソコンでテレビを見ながら遊ぶのに丁度いいです。

行儀悪く小文字で書いていますが、古いパソコンファンなら懐かしく感じると思います。
ちなみにセーブしたファイルはユーザのhomeディレクトリに置かれます。
まぁ、何が出きるというわけでは有りませんが、何か楽しいです。